1. ホーム
  2. 社会
  3. 台風で被災した市民の下水道料金を減免に 鎌倉市

台風で被災した市民の下水道料金を減免に 鎌倉市

社会 神奈川新聞  2019年12月30日 18:58

 鎌倉市は、今秋の台風15号、19号で被災した市民を対象に、下水道の料金を減免している。

 市下水道河川課によると、罹災(りさい)証明書の交付を受けた市民が対象。下水道を使用する家屋で、土砂崩れや浸水、家屋の破損などの被害が発生した場合は、被災後2カ月分の下水道使用基本料金が免除される。また、家屋が被災し公営住宅などに避難した場合は、家賃が免除される期間の使用基本料金が減免となる。

 同課窓口で申請書を受け取り、罹災証明書の写しを添付して提出する。また申請書を市のホームページでダウンロードして同課への郵送でも可能。2020年3月31日までに申し込む。

 問い合わせは、同課電話0467(61)3718。


シェアする