1. ホーム
  2. 話題
  3. 赤い京急…白い列車登場?

赤い京急…白い列車登場?

話題 神奈川新聞  2017年12月15日 02:00

試運転した塗装途中の「白い京急電車」=京急ファインテック久里浜事業所
試運転した塗装途中の「白い京急電車」=京急ファインテック久里浜事業所

 赤い電車で知られる京浜急行電鉄で、塗装途中の「白い京急電車」が14日、県内を走った。新造車「新1000形(17次車)」の試運転のためで、珍しい光景に偶然居合わせた鉄道ファンらがスマートフォンなどで盛んに撮影していた。

 「白い京急」は横浜市金沢区の総合車両製作所を出発し、金沢文庫駅などを経て京急久里浜駅へ。その後車両の点検などを行う横須賀市の京急ファインテック久里浜事業所に到着し、試運転を終えた。京急電鉄によると、白い電車は来年にも2度走る予定という。

 新1000形(ステンレス車)は2007年に登場。近年、鉄道業界ではコストを抑えるため無塗装、フィルム貼りのステンレス車両が主流になっており、この新造車は京急にとって11年3カ月ぶりの全面塗装車両になるという。来年1月から営業運転を開始する。担当者は「赤と白を強調して、存在感をアピールしたい」と話していた。 


シェアする