1. ホーム
  2. 話題
  3. 夜空彩る冬の風物詩 武蔵溝ノ口駅で1月13日まで

夜空彩る冬の風物詩 武蔵溝ノ口駅で1月13日まで

話題 神奈川新聞  2019年12月29日 11:26

武蔵溝ノ口駅前を彩るイルミネーション=川崎市高津区
武蔵溝ノ口駅前を彩るイルミネーション=川崎市高津区

 JR武蔵溝ノ口駅(川崎市高津区)周辺を華やかに彩る「溝口駅前キラリデッキイルミネーション」が今冬も開かれている。地元町内会や商店会、区役所などで組織する実行委員会の主催で、来年1月13日まで。

 楽しくにぎわいのあるまちづくりを目的に2000年に始まった事業で、20回目を迎えた。冬の風物詩としてすっかり定着し、通行人の目を楽しませている。

 環境に配慮し、節電効果の高い発光ダイオード(LED)電球約18万個を使用。ペデストリアンデッキやバスターミナル周辺の植栽、樹木、街路灯などの構造物を装飾している。

 点灯は午後4時~翌日午前0時。12月31日は翌日午前5時まで時間を延長する。


シェアする