1. ホーム
  2. 話題
  3. 断捨離で終活を 認知症で「ごみ部屋」も急増

断捨離で終活を 認知症で「ごみ部屋」も急増

話題 神奈川新聞  2017年12月11日 02:00

高齢者の荷物整理の重要性を訴える石見さん=川崎市産業振興会館
高齢者の荷物整理の重要性を訴える石見さん=川崎市産業振興会館

 捨てることが苦手な高齢者を中心に、物の整理の方法を教える「断捨離(だんしゃり)」の講座が川崎市内で今月から来月にかけて相次いで開催される。「いつか使えそうだから」と捨てられない人や、介護中の親が抱え込んだ荷物の整理に悩む人などケースは多様だが、物の整理ができなくなった認知症の高齢者など、地域の支援が必要な事例もあると専門家は指摘する。
 
 同市幸区の市産業振興会館で今月5日に開かれた「高齢者のための断・捨・離-整理術」(市高齢社会福祉総合センター主催)では、遺品整理の専門家の石見良教(よしのり)さんが講師を務め、約120人が聴講した。

 石見さんは、高齢で亡くなる人の遺品は平均で3トンに上り、遺族が整理に困る実態を紹介。自分が亡くなるときや要介護状態になったときなどに備え、「荷物は1・5トンにまで減らす必要がある」と訴え、具体的な方法を伝授した。

 また1人暮らしの高齢者が認知症になり物の整理ができず、居室が「ごみ部屋」と化すケースが急増し、その整理業務の件数が遺品整理を上回ったと明かした。わが家の整理はもちろん、「近隣で部屋の汚れた人を見掛けたら、すぐに地域の福祉関係者に連絡を」と呼び掛けた。市内の主婦(67)は「人ごとではない。夫と一緒に、本気で整理に取り組みたい」。

 高津区の市男女共同参画センターでは来年1月25日午前10時から、トークサロン「高齢者の断!捨!離!」が開かれ、区内の溝口地域包括支援センター職員の丸山美香さんが講師を務める。

 「終活」の一環で荷物を整理したいと考えている人や、介護している親の大量の荷物を整理できず困っている人など、地域で支援活動を行う中で出合った事例を報告した後、参加者を交えて意見交換する。

 定員は先着40人で、申し込みは12月25日から。受講料は無料で、保育もある。同センターは「高齢者だけでなく、高齢の家族がいる人なども歓迎する」と参加を呼び掛ける。問い合わせ・申し込みは、同センター電話044(813)0808。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ