1. ホーム
  2. 社会
  3. 職員過労自殺訴訟 県側は請求棄却を求め 地裁口頭弁論

職員過労自殺訴訟 県側は請求棄却を求め 地裁口頭弁論

社会 神奈川新聞  2019年12月27日 05:00

県の財政課に所属していた男性職員=当時(37)=が自殺したのは、長時間労働に伴う過労やパワハラで発症したうつ病が原因だとして、男性の母親が県に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、横浜地裁(関口剛弘裁判長)であった。県側は請求棄却を求めた。 県側は答弁書で、男性のうつ病の発症と...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする