1. ホーム
  2. 話題
  3. 部分日食、観覧車と“ランデブー” 横浜・MM21地区

部分日食、観覧車と“ランデブー” 横浜・MM21地区

話題 神奈川新聞  2019年12月26日 19:42

うっすらと部分日食の姿を見せた太陽=26日午後3時すぎ、横浜市中区新港

 太陽の一部が月に隠れる「部分日食」が26日午後、県内でも観測できた。横浜市みなとみらい21(MM21)地区では午後3時ごろ、うっすらとした雲を通して観覧車と“ランデブー”する姿を確認。10分ほどで厚い雲に隠れていった。

 太陽の前を月が横切り、太陽が欠けて見える部分日食が国内で見られるのは1月以来。国立天文台によると、次は来年6月21日で、太陽の欠け方は今回より大きい。太陽の外周がリング状に輝く金環日食は2030年、太陽が完全に月に隠れる皆既日食は35年になるという。


うっすらと部分日食の姿を見せた太陽=26日午後3時すぎ、横浜市中区新港
うっすらと部分日食の姿を見せた太陽=26日午後3時すぎ、横浜市中区新港

うっすらと部分日食の姿を見せた太陽=26日午後3時すぎ、横浜市中区新港
うっすらと部分日食の姿を見せた太陽=26日午後3時すぎ、横浜市中区新港

シェアする