1. ホーム
  2. 話題
  3. 冬桜、天守閣に咲く お城イルミで観光客誘致

冬桜、天守閣に咲く お城イルミで観光客誘致

話題 神奈川新聞  2017年12月09日 02:00

天守閣壁面と本丸広場の地面を、さまざまな模様が動き回るイルミネーション =7日夜、試験点灯の様子
天守閣壁面と本丸広場の地面を、さまざまな模様が動き回るイルミネーション =7日夜、試験点灯の様子

 冬の夜の小田原城に観光客を呼び込もうと、天守閣や本丸広場を光と音楽でショーアップするイベント「小田原城 冬桜イルミネーション」が9日に始まる。LED投光器で城の壁や石垣を多彩な色で染め上げ、桜や菊、藤などの花の形が影絵の要領で、自在に動くさまが楽しめる。

 体験型イルミネーションと銘打っているが、電球をちりばめるのではなく「曲に合わせ演出された、動くライトアップ」(小田原市観光協会)。天守閣展望デッキと広場に各4台、照らす先を自由に動かせるムービングライトを設置。さまざまな形に切り抜いたフィルターを通して、それぞれ広場地面と壁面に動く模様が描かれる。

 曲と曲の間には、手をつないだ人が数メートル離れたセンサーに同時に触れることで、ランダムに音と光が変化する「北条のキズナ」タイムを設けて、カップルや家族連れに参加を呼び掛ける。

 午後5~9時。来年3月4日まで連日開催。天守閣は期間中、開館時間を午後7時まで延長する(12月13、31日は休館)。広場での観賞は無料。初日は午後4時から和太鼓パフォーマンスと式典を行い、点灯までのカウントダウンも行われる。

 問い合わせは小田原城天守閣電話0465(22)3818。


シェアする