1. ホーム
  2. 京アニ事件受け、年末初の抜き打ち検査 平塚のセルフGS

京アニ事件受け、年末初の抜き打ち検査 平塚のセルフGS

神奈川新聞  2019年12月26日 14:39

セルフ式のガソリンスタンドを立ち入り調査する消防本部職員(右)=平塚市内
セルフ式のガソリンスタンドを立ち入り調査する消防本部職員(右)=平塚市内

 平塚市消防本部は24日、市内にあるセルフ式のガソリンスタンド全14カ所を立ち入り調査した。灯油を使った暖房器具を使用する機会が増える季節を迎え、利用客への対応などが適切に行われているか確認した。いずれも違反はなかった。

 同本部によると、市内には32カ所にガソリンスタンドがあり、このうち14カ所がセルフ式となっている。これまで問題は起きていないが、7月に発生した京都アニメーション放火殺人事件などを踏まえ、年末に初めて抜き打ち検査を実施した。

 予防課の危険物と査察担当職員が2人1組で2グループに分かれて各セルフ式スタンドを回り、給油作業の対応や施設・設備の管理状況をチェックした。利用客には正しい使用方法などを解説するチラシを配り、周知に努めた。


シェアする