1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 2日から赤レンガにリンク

今年のテーマは「氷上戯画」
2日から赤レンガにリンク

カルチャー 神奈川新聞  2017年12月02日 02:00

パフォーマンスも披露された「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」のオープニングセレモニー=横浜市中区
パフォーマンスも披露された「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」のオープニングセレモニー=横浜市中区

 横浜の冬を彩る「アートリンク」が2日、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫の屋外スケート場で始まる。アートとアイススケートのコラボレーションを楽しんでもらう企画で、今年のテーマは「氷上戯画」。横浜隼人中学・高校(同市瀬谷区)美術部が手掛けた。生徒たちは「多くの人に見てもらいたい」と話している。来年2月18日まで。

 企画は2005年に始まり、今年で13回目。今回のプロジェクトには、同校美術部員35人のうち中学生と高校1~2年生の30人が参加。平安から鎌倉時代にかけての作品で、動物を擬人化した「鳥獣戯画」をイメージした。

 リンクを彩る壁画は5面(計200平方メートル)あり、グループごとに担当した。リンク前の壁面はスケート靴を履いたウサギなどを墨で表現。横浜を舞台に昔と現代が交錯したような独創的な作品もある。

 1日に行われたオープニングセレモニーで、生徒たちは「実際に飾ってあるのを見て感動した」「大変だったけど、やってよかった。動物たちと一緒にスケートを楽しんでもらえたら」などと話していた。

 料金は大人500円、小中学生400円、3歳以上の幼児300円。靴のレンタル料500円。問い合わせは、同倉庫1号館電話045(211)1515。


シェアする