1. ホーム
  2. 話題
  3. 食・運動一流に学ぶ シェフ、アスリートと交流 横浜・緑

食・運動一流に学ぶ シェフ、アスリートと交流 横浜・緑

話題 神奈川新聞  2017年12月01日 02:00

給食を食べながら子どもたちの質問に答える山県さん(右から2人目)=横浜市立いぶき野小学校
給食を食べながら子どもたちの質問に答える山県さん(右から2人目)=横浜市立いぶき野小学校

 子どもたちが食や運動の大切さを学ぶ「夢のスーパー給食」と題した企画が30日、横浜市緑区の市立いぶき野小学校で行われた。一流シェフとアスリートの計5人が来校。シェフが地場産野菜などで作った給食を一緒に食べたり、アスリートたちと陸上競技を楽しんだりして交流を深めた。

 来校したのは道場六三郎さんの下で料理を学び、東京・銀座で日本料理店を営む舘野雄二さんと、いずれもリオデジャネイロ五輪に出場した右代啓祐さん(十種競技)、長谷川大悟さん(三段跳び)、新井涼平さん(やり投げ)、山県亮太さん(短距離)。

 スポーツ交流の授業には5年生約180人が参加。アスリートたちがそれぞれの競技を披露したほか、各競技で子どもたちと“対決”する場面も。ハンディをつけながらも圧倒的なスピードで子どもたちを抜き去るなどした選手たちに、「速い」「すごい」と歓声が上がった。

 この日の給食のメニューは「はまぽーくと長津田そだち野菜の治部煮」「長津田そだち里芋のみそクリーム焼き」「長津田そだちキャベツのみそ汁」など。舘野さんが調理員らと協力しメニュー作りから調理まで手掛けた。来校した5人は5年生の各教室で給食を食べると、「あこがれの選手は?」「(競技前の)ルーティンはありますか?」など質問攻めに。給食後、子どもたちは「おいしかった」「一つ一つの質問に丁寧に答えてくれてうれしかった」などと感想を話していた。

 続くトークショーで、5人は体をつくる上で食事が大切だと強調。夢の実現に向け、継続して努力するようエールを送った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会