1. ホーム
  2. 話題
  3. 屋根なしバスで三浦を周遊

屋根なしバスで三浦を周遊

話題 神奈川新聞  2017年11月30日 10:40

約3.5メートルの高さから三浦市内の景色を楽しめる「オープントップバス」
約3.5メートルの高さから三浦市内の景色を楽しめる「オープントップバス」

 親子で三浦市内の景観を楽しんでもらおうと、市と京浜急行電鉄は、屋根のない2階建てバス「オープントップバス」の特別周遊イベントを12月と来年1月の計3日間限定で開催する。市内の子どもを対象に参加者を募集している。

 電車の往復乗車券と食事券などがセットになった「みさきまぐろきっぷ」のリニューアルに合わせて、同社は先月から運行を開始。観光用として市内を巡るバスは、きっぷの施設利用券を使うと乗車できる。地元からの要望もあり、「三浦の子どもたちに普段見ることのできない高さ(約3・5メートル)から景色を見て、魅力を再発見してほしい」と、今回企画した。

 イベントは12月23日、1月13、14日に開催。京急線三崎口駅を出発し、岩堂山などの前を通って城ケ島で折り返し、三崎魚市場や諸磯湾を眺めて同駅に戻る。

 市内在住の4~12歳までの未就学児・小学生と保護者が対象。定員は各回21組(42人)で、往復はがきに名前や参加希望日などを記入して12月11日までに市観光商工課に申し込む。応募多数の場合は抽選。

 午後1~2時。参加費無料。荒天時などは中止。問い合わせは、同課電話046(882)1111。


シェアする