1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 安部公房「箱男」 運命の出会い 文学の魔道へ

日本文学あの名場面/鴻巣友季子(翻訳家)
安部公房「箱男」 運命の出会い 文学の魔道へ

カルチャー 神奈川新聞  2017年11月26日 11:42

「箱男」の一場面を拡大して読むにはこちらから(PDF)


 「人類といふやつはそろそろ滅亡したはうがよささうだとしても、さしあたつて人間の生き方になにか新しい形式を見つけることができないものだらうか。安部公房君は新作『箱男』においてその智慧を出して見せた」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする