1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 原点 恩師の期待を胸に

ハマからメジャーへ 筒香の10+3年(中)
原点 恩師の期待を胸に

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年12月20日 05:00

ベイスターズからドラフト1位指名されて笑顔を見せる(左から)横浜高の渡辺監督、筒香、小倉部長=2009年10月、横浜高(肩書は当時)
ベイスターズからドラフト1位指名されて笑顔を見せる(左から)横浜高の渡辺監督、筒香、小倉部長=2009年10月、横浜高(肩書は当時)

 「誰もが憧れるスーパースター。僕なんかは到底及ばない」。米大リーグ、レイズへの移籍が決まった筒香嘉智(28)は、17日の入団会見で日本人長距離打者としてメジャーで活躍した松井秀喜(45)と比較されると、謙遜の言葉を並べた。

 二刀流のエンゼルス大谷翔平(25)を除けば、15人目となる日本人野手。ただ生粋のスラッガーはメジャー通算175本塁打を放った松井だけ。左の大砲として球界屈指の座に上り詰めた「ハマの4番」が、いつかその数字を塗り替える期待が高まる。

 横浜高で和製大砲を育て上げた2人の名伯楽は今、どんな思いで海を渡る筒香を見守っているのか。名将・渡辺元智(75)は「選手として一番ピークの時にメジャーに行く。苦難を乗り越えたら、とてつもない選手になってくれるのでは」と目を細めた。高校時代から「松井の後継者になれる」と言い続けていた元部長・小倉清一郎(75)も「メジャーの速球にタイミングさえ取れれば間違いなく成績は残せる」と活躍を確信している。


ハマからメジャーへ 筒香の10+3年(上)GO米国の空高く「向上心」 筒香レイズ入団会見

2019年12月19日 05:00

ハマからメジャーへ 筒香の10+3年(上)「一番は打撃で貢献」 筒香レイズ入団 一問一答

2019年12月19日 05:00

【写真特集】筒香嘉智 13年の歩み

2019年12月19日 05:00

 名門横浜高にして歴代ナンバーワンの長距離ヒッター。数々の名選手を育てた渡辺にとっても、出会いから衝撃だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする