1. ホーム
  2. 社会
  3. なぜ凶行、判然とせず 「劣等感が恨みに」 新幹線殺傷

なぜ凶行、判然とせず 「劣等感が恨みに」 新幹線殺傷

社会 神奈川新聞  2019年12月19日 05:00

新幹線の車内で乗客が無差別に殺傷された衝撃的な事件で、横浜地裁小田原支部が言い渡した判決は無期懲役だった。希望通りの結末に小島一朗被告(23)は法廷で万歳する前代未聞の行為に及んだが、なぜそれほどまでに刑務所入りを望んだのか、被告の心の闇は判決を経ても判然としなかった。専門家は常に抱えてきた劣等...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする