1. ホーム
  2. 話題
  3. 団地再生考える 横浜・神奈川区でセミナー

団地再生考える 横浜・神奈川区でセミナー

話題 神奈川新聞  2019年12月19日 05:00

自分の住む集合住宅の現状について話し合う参加者と職員=市住宅供給公社
自分の住む集合住宅の現状について話し合う参加者と職員=市住宅供給公社

 老朽化した団地やマンションの維持管理などについて考えるセミナーが15日、横浜市神奈川区の市住宅供給公社で開かれた。市内各地の集合住宅から約40人が参加し、団地再生に向けてのノウハウを学んだ。

 課題解決へのヒントにしてもらおうと、同公社が2012年から開催しており15回目。

 セミナーでは、公社職員が団地再生の進め方について説明した。劣化部分の修繕や建て替えといった選択肢を、一連の流れで考えていく必要性を指摘した上で、「大切なのは、住民が意見を出し合いながら再生の機運をつくっていくこと」と話した。

 公認会計士が、管理組合の会計処理についても解説。多くの参加者が熱心に聞き入っていた。中区の大井淑代さんは「専門的な話を聞けて、よく分からなかった部分もクリアになりました」と話していた。


シェアする