1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 拉致早期解決、担当相に要請 地方議会全国協議会

拉致早期解決、担当相に要請 地方議会全国協議会

政治行政 神奈川新聞  2017年11月22日 17:14

加藤拉致担当相(右から3人目)に要請書を手渡す松田会長(同2人目)ら=内閣府
加藤拉致担当相(右から3人目)に要請書を手渡す松田会長(同2人目)ら=内閣府

 拉致問題地方議会全国協議会(会長・松田良昭県議)が21日、内閣府を訪れ、「日本人拉致問題の完全解決を求める要請書」を加藤勝信拉致問題担当相に手渡した。

 要請書は、被害者家族の高齢化を踏まえ「あらゆる手段を講じて救出の協議を北朝鮮に強く働き掛け、一刻も早い拉致問題の完全解決」を求めている。

 松田会長が現政権で決着させるよう要望したのに対し、加藤担当相は「全ての被害者の帰国を引き出せるようさらに努力したい。引き続き各地で拉致問題への関心と(解決への)決意を高めてほしい」などと応じた。同会幹事長の竹内英明県議は「『忘れない』という思いを浸透させるため、ひたすら努力しながら(解決を)待ちたい」と話した。


シェアする