1. ホーム
  2. 政治行政
  3. ICT活用し業務時間削減 県と横浜銀が協定、全国初

ICT活用し業務時間削減 県と横浜銀が協定、全国初

政治行政 神奈川新聞  2019年12月17日 11:00

神奈川県庁
神奈川県庁

 県と横浜銀行は16日、働き方改革に関する連携協力協定を締結した。情報通信技術(ICT)を活用し、県の公金支払いなどの手続きを改善することで双方の業務効率化を図る。都道府県では全国初の取り組みという。

 県によると、職員給与や物品購入費など公金支払い業務は指定金融機関の同行に依頼。帳票やフロッピーディスク、ISDN回線を使ったデータ伝送などで200万件を超える膨大な量を扱っている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする