1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 4強出そろう 全国高校サッカー県2次予選

4強出そろう 全国高校サッカー県2次予選

スポーツ 神奈川新聞  2017年11月20日 02:00

 サッカーの第96回全国高校選手権県2次予選第6日は19日、日大藤沢高などで準々決勝3試合が行われ、桐光学園、三浦学苑、湘南学院がベスト4に進出した。

 湘南学院はDF鈴木凱斗(2年)の得点で日大藤沢に1-0で勝ち、初の4強入り。三浦学苑はMF末次怜(2年)の2得点の活躍などで、6月の県高校総体を制した東海大相模に3-0で快勝した。

 3連覇を狙う桐光学園は1-1の延長前半にFW倉持快(3年)が決勝点を奪い、3-1で法政二を退けた。

 第7日は25日、ニッパツ三ツ沢球技場で三浦学苑-桐光学園、桐蔭学園-湘南学院の準決勝2試合を行う。


【湘南学院-日大藤沢】初のベスト4進出を決めて喜ぶ湘南学院イレブン=日大藤沢高
【湘南学院-日大藤沢】初のベスト4進出を決めて喜ぶ湘南学院イレブン=日大藤沢高

強豪破り新たな歴史 湘南学院
 県リーグ2部で戦う湘南学院が夏の全国準優勝の日大藤沢を破り、今大会のダークホースに名乗りを上げた。創部初のベスト4入りに、決勝アシストの10番篠原は「本当にうれしい。歴史を変えることができた」。イレブンは次々と抱き合って喜びに浸った。

 後半3分に左CKから鈴木が先制。この後の粘りが見事だった。押し込まれながらも、ゴール前に人数を割き、泥くさくシュートブロックを繰り返した。「ゴール前を隠すのがうちの強み。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする