1. ホーム
  2. 社会
  3. 米第7艦隊イージス艦が三浦沖で接触事故 訓練中の民間船と

米第7艦隊イージス艦が三浦沖で接触事故 訓練中の民間船と

社会 神奈川新聞  2017年11月19日 02:43

民間船と接触事故を起こしたイージス艦ベンフォールド=2015年10月19日
民間船と接触事故を起こしたイージス艦ベンフォールド=2015年10月19日

 米海軍第7艦隊(横須賀市)は18日、相模湾で同艦隊所属のイージス駆逐艦ベンフォールドが日本の民間えい航船と接触する事故が起きたと発表した。けが人はいなかった。

 第3管区海上保安本部によると、事故は同日正午ごろ、三浦半島沖約10キロの地点でベンフォールドが民間船をロープでえい航する訓練中に発生。えい航を終えたところで、ロープが民間船のスクリューに絡まった。第7艦隊によると、民間船は推進力を失って接触し、ベンフォールドの船体にこすった跡が付いた。3管本部は接触したか確認できておらず、詳しい事故の状況を調べる。

 民間船は事故後、横須賀港まで別の船に引かれた。ベンフォールドは自力で航行できる状態という。

 第7艦隊では、第15駆逐隊のイージス艦2隻がそれぞれ6月に静岡県・伊豆半島沖でコンテナ船と、8月にはシンガポール近くのマラッカ海峡東方でタンカーと衝突し、乗組員が死亡する事故が相次いだ。


シェアする