1. ホーム
  2. 話題
  3. 「和やか、にぎやか」家族感じるアートにほっこり 南足柄で作品展

「和やか、にぎやか」家族感じるアートにほっこり 南足柄で作品展

話題 神奈川新聞  2017年11月19日 02:00

旧北足柄中学校で開催中の作品展を楽しむ来場者ら=南足柄市内山
旧北足柄中学校で開催中の作品展を楽しむ来場者ら=南足柄市内山

 家族で協力して制作された絵画などを展示する「あしがらアートの森」が、旧北足柄中学校(南足柄市内山)で開催されている。元教員らでつくる実行委員会の主催で19日まで。

 今回で7回目。アート作品を通じて地域間での交流を増やそうと2010年に実行委を結成。10年ほど前に廃校となった同校校舎を活用し、11年から開催している。

 家族で制作する家族部門と、4歳から中学3年生が対象の個人部門の2部門で全国から絵画を公募。夕焼けや家族の似顔絵など、クレヨンや絵の具などで描かれた計約1400点が並ぶ。

 平塚市から訪れた主婦の岩城綾子さん(36)は「なごやか、にぎやかなど各家庭の雰囲気が絵を通じて伝わってきた」と笑顔だった。

 校舎の校長室や音楽室などを使ったワークショップでは、リース作りなどが体験できる。実行委の中野裕一代表(67)は「見て遊んで楽しみ、地元のアート活動に興味を持ってもらえたら」と話している。

 午前10時から午後4時まで。入場無料。問い合わせは、中野代表電話090(5761)5548。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング