1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「待ち遠しい」井上尚 来月30日に7度目防衛戦

「待ち遠しい」井上尚 来月30日に7度目防衛戦

スポーツ 神奈川新聞  2017年11月17日 02:00

7度目の防衛戦へ意欲を示す井上尚(左から2人目)ら=東京都内のホテル
7度目の防衛戦へ意欲を示す井上尚(左から2人目)ら=東京都内のホテル

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の24歳、井上尚弥(大橋)が12月30日に7度目の防衛戦を行うと16日、所属ジムが発表した。横浜文化体育館で同級7位のヨアン・ボワイヨ(フランス)の挑戦を受ける。

 東京都内で会見した井上尚は「いい調子で追い込めていて試合が待ち遠しい。2017年はいい試合が続いている。井上尚弥らしい試合を見せたい」と意欲を示した。戦績は井上尚が14戦全勝(12KO)、29歳のボワイヨは46戦41勝(26KO)4敗1無効試合。

 同興行では世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が同級8位のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)と2度目の防衛戦を行うほか、東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)が初防衛戦を闘う。井上尚の弟で元東洋太平洋スーパーフライ級王者の井上拓真(大橋)はノンタイトル10回戦に臨む。

 恒例となった年末の闘いだが、今回はそれだけでは終わらない。来年2月末には米国再戦プランが浮上。「体も仕上がっている状態での2カ月なので問題ないかと思う」。世界王者としては異例の短期間での連戦となるが、無敗の怪物は自信をのぞかせた。

 9月の米国デビューでは6回TKOで本場のファンを熱狂させたが、スーパーフライ級のトップを集めたビッグイベント「スーパーフライ」の第2弾が来年2月24日に米国で計画されている。

 「(スーパーフライ)2というくくりでやるならしっかり入れろと」。井上尚はニヤリと笑って決意を明かす。求めるのは統一戦。「やりたいですね。(統一戦に勝てば)気持ち良く(階級を)バンタムに上げられる」。再び全米の耳目を集める日を心待ちにしている。

 もっとも、その前哨戦であるV7戦も見応えのある試合となりそうだ。挑戦者のボワイヨ(フランス)は30連勝中と勢いに乗る。「ボクサーファイターで攻撃的なタイプ」と大橋秀行会長(52)。井上尚も「前に出て来てもらった方が危険もあるけどいい試合になると思う」と闘志を沸かす。

 「12月30日の試合に向けてやるだけ。終わってから次の試合に向かっていきたい」。常に足元を見詰めてきた怪物の言葉に偽りはない。大きな転機となった2017年。横浜での凱旋(がいせん)試合で華々しく締めくくる。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【台風19号】河川水位が各地で上昇 中小河川も危険

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】「城山ダム放流へ」流域住民、避難所に殺到

  4. 【台風19号】多摩川氾濫の恐れ、川崎市が避難指示

  5. 多摩川・鶴見川、氾濫の恐れ 台風で川崎市が避難勧告

  6. 【台風19号】城山ダム、緊急放流へ 相模川流域で浸水も

  7. 高潮の恐れ、川崎・川崎区の一部に避難勧告

  8. 横浜・瀬谷区の一部に避難勧告

  9. 【台風19号】各地に避難所開設、住民避難が急増

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、午後5時は見送り