1. ホーム
  2. 社会
  3. 「余裕ある運転を」 ベイ三嶋投手が交通安全を訴え

「余裕ある運転を」 ベイ三嶋投手が交通安全を訴え

社会 神奈川新聞  2019年12月13日 11:38

飲酒運転根絶のチラシを配る三嶋投手=横浜市西区
飲酒運転根絶のチラシを配る三嶋投手=横浜市西区

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝投手が11日、戸部署の一日署長に任命され、横浜市西区の新都市プラザで行われた交通事故防止の啓発キャンペーンに“登板”した。地域住民らと「飲酒運転根絶」と記されたポケットティッシュなど約千セットを配布し、「余裕のある運転を」と呼び掛けた。

 年末年始は交通量が多くなり、飲酒運転も増えるため、署と地元の交通安全協会、町内会などが協力して行った。制服姿の三嶋投手はポケットティッシュのほか、交通マナーの冊子や事故防止を呼び掛けるチラシなどを通行人に手渡し、写真撮影にも応じた。

 約1時間の活動を終えた三嶋投手は「制服を着ると気が引き締まる。年末年始は安全に過ごしてほしい」、横山俊二署長は「事故防止のためには譲り合い、話し合い、声の掛け合いが大事」と話していた。


シェアする