1. ホーム
  2. 話題
  3. かながわ鶏の親子丼誕生 愛川のブランド卵使用

かながわ鶏の親子丼誕生 愛川のブランド卵使用

話題 神奈川新聞  2016年10月01日 02:00

販売を開始したかながわ親子丼(愛川町提供)
販売を開始したかながわ親子丼(愛川町提供)

 県内産の「かながわ鶏」を使った「かながわ親子丼」はいかが-。愛川町三増の神奈川中央養鶏農業協同組合の直売所「卵菓屋」で販売が始まった。

 かながわ鶏は県畜産技術センターが約8年をかけて試験研究し、このほど誕生した初の肉用鶏。肉質はしっかりとした歯応えがあり、豊かなうま味が特徴だ。

 かながわ親子丼はかながわ鶏と、同組合が生産し愛川ブランド認定品に選定されている卵「kuretama(くれたま)」を使用して開発した。かながわ鶏の商品化としては第1号になったという。

 価格は690円(税込み)。販売はテークアウト形式だが、卵菓屋2階のスペースで食べることもできる。

 問い合わせは、同組合電話046(281)1082。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会