1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 山崎・高野組帰国 世界選手権20位「もっと成長したい」

セーリング女子
山崎・高野組帰国 世界選手権20位「もっと成長したい」

スポーツ 神奈川新聞  2019年12月11日 05:00

東京五輪出場を決めた山崎(左)と高野=成田空港
東京五輪出場を決めた山崎(左)と高野=成田空港

 セ-リングの世界選手権(8日閉幕、ニュ-ジ-ランド)で日本勢トップの20位に入り、東京五輪女子49erFX級日本代表に内定した山崎アンナ(ノエビア・日体大、横浜市鶴見区出身)と高野芹奈(ノエビア・関西大)が10日、帰国した。険しい選考レ-スを勝ち抜いた女子大学生ペアの五輪出場は史上初となり「もっと成長したい」と来夏へさらなる飛躍を期す。

 カラッと焼けた肌に長旅も疲れ知らずの笑顔。リオ五輪に続き2大会連続の高野と、初出場となる山崎は「とてもうれしい」と感慨を込めた。

 同五輪から採用された2人乗りの49erFX級種目は「海のF1」とも呼ばれるスピ-ドとダイナミックさが特徴だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする