1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 多彩な作品240点を展示 横浜・青葉区民芸術祭

多彩な作品240点を展示 横浜・青葉区民芸術祭

カルチャー 神奈川新聞  2017年11月09日 02:00

書や絵画など240点が並ぶ青葉区民芸術祭2017作品展(前期)=横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野
書や絵画など240点が並ぶ青葉区民芸術祭2017作品展(前期)=横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野

 青葉区民芸術祭2017作品展の前期が8日、横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野で始まり、絵画、文芸、書道の分野で計240点が展示されている。13日まで(午前10時~午後6時、最終日は午後4時まで)。入場無料。

 区内に在住、在勤、活動拠点がある高校生以上の人を対象に作品を募った。絵画は油彩、水彩、版画などが並ぶ。

 文芸は川柳、五行歌、英語俳句を色紙や短冊に書いて掲出し、目で見て楽しめるよう工夫した。

 書道は多様な書体の大作から小品までを展示。運営委員で出品もしている大和玲子さん(71)は「書はバラエティー豊かな作品が集まった。作品に込められた“冒険心”も感じてほしい」と話していた。

 後期(華道、美術工芸、写真)は15日から20日まで。茶席も17日から19日まで設けられる。問い合わせは区地域振興課電話045(978)2295。


シェアする