1. ホーム
  2. 話題
  3. 糸魚川大火受け大規模消防訓練 横浜・金沢区

糸魚川大火受け大規模消防訓練 横浜・金沢区

話題 神奈川新聞  2017年11月08日 02:00

大規模火災を想定した訓練=横浜市金沢区の金沢水再生センター
大規模火災を想定した訓練=横浜市金沢区の金沢水再生センター

 強風の影響などで被害が拡大した新潟県糸魚川市の大火を受け、金沢消防署は5日、大規模火災の対応訓練を横浜市金沢区幸浦1丁目の金沢水再生センターで実施した。同消防署と金沢消防団の消防車両37台が集結し、約200人が消火作業の手順を確認した。

 訓練は、震度6強の地震が発生して住宅密集地から出火、強風にあおられて燃え広がったとの想定で行われた。消火栓が使えない中、民間のミキサー車を活用して仮設の水槽に水を搬送。市消防局のヘリコプターが伝える風向きなどの情報を基に、消防隊員らが手際よく放水した。

 昨年12月に発生した糸魚川の大火は鎮火まで約30時間かかり、147棟を焼いた。強風に加えて、古い木造建築の密集した地域だったことも火が燃え広がった原因と考えられている。

 同消防署の署長は「大規模災害が発生した場合は横浜でも大火が起きる可能性はある。早期の消火活動が鍵を握る」と警戒を強めていた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕