1. ホーム
  2. 話題
  3. 「三浦按針」広く知って 市民団体が冊子作成

「三浦按針」広く知って 市民団体が冊子作成

話題 神奈川新聞  2017年11月07日 02:00

按針を紹介した冊子をPRする逸見住職=浄土寺
按針を紹介した冊子をPRする逸見住職=浄土寺

 徳川家康の外交顧問を務め、横須賀市・逸見地区に領地を与えられた英国人の三浦按針(ウィリアム・アダムズ)の功績を紹介する冊子「青い目の侍 ANJIN」を、市民団体「按針のまち 逸見を愛する会」が作成した。

 同団体の発足10周年を記念。フルカラーのA5判16ページで、按針の生涯や逸見の歴史を解説。按針ゆかりの地や、「どぶ板通り商店街」など周辺の観光スポットを案内した散策マップも掲載されている。

 同団体顧問で、按針の菩提(ぼだい)寺である浄土寺(同市西逸見町)の逸見道郎住職(64)は「国際化の時代、按針と家康の出会いは、外国との付き合い方のケーススタディーになる。按針とは誰なのか、多くの人に知ってほしい」と話している。

 11日には、按針を題材にしたNHK大河ドラマ化実現の道を探る「按針セミナー」を午後2時から、ウェルシティ市民プラザ(同市西逸見町)で開く。

 冊子は、市内の各行政センターなどで無料配布している。問い合わせは、同団体事務局(浄土寺内)電話046(822)1033。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕