1. ホーム
  2. 政治行政
  3. パートナーシップ証明書、近隣市と相互利用検討 横須賀市

パートナーシップ証明書、近隣市と相互利用検討 横須賀市

政治行政 神奈川新聞  2019年12月09日 05:00

 横須賀市の上地克明市長はこのほど、性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認める市の「パートナーシップ宣誓証明制度」について、宣誓証明書を近隣の鎌倉、逗子両市と相互に利用できるよう検討していることを明らかにした。11月29日の市議会12月定例会で藤野英明氏(無会派)の一般質問に答えた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする