1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 不可能を可能にする 茨 隆太郎(平塚市在住)

限界超えて 聴覚障害者スイマーの挑戦(下)
不可能を可能にする 茨 隆太郎(平塚市在住)

スポーツ 神奈川新聞  2019年12月08日 14:33

健常者に交じり、来春の日本選手権出場を目指す茨=東海大
健常者に交じり、来春の日本選手権出場を目指す茨=東海大

 聴覚障害者がスポーツで競う4年に一度の世界大会「デフリンピック」。2021年大会の男子競泳で茨隆太郎(平塚市在住、SMBC日興証券)は、世界レコードを樹立して頂点に立つことを目標に励んでいる。

 日本が誇るトップスイマーは、同じ境遇の子どもたちの憧れでもある。練習拠点とする母校の東海大には「練習が見てみたい」と遠方から訪れる児童もいるという。「一番は結果を残すことですけど、ほかにも大切なことはいっぱいある」-。

 中高一貫の都立中央ろう学校を卒業後、競泳の強豪・東海大に進学し、健常の学生らに交じって水泳部に所属。生活環境が一変した寮生活で、1年目は周囲に障害を理解してもらうのに相当苦労した。「自分の中でできること、できないことを分かっていなかった。できなければサポートをお願いしなければいけないのに、迷惑をかけてしまった」と振り返る。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする