1. ホーム
  2. 話題
  3. 馬車道の魅力表現 コンクール入賞作を展示 横浜

馬車道の魅力表現 コンクール入賞作を展示 横浜

話題 神奈川新聞  2019年12月07日 05:00

絵画の金賞作品「街路樹発祥の礎(冬到来)」
絵画の金賞作品「街路樹発祥の礎(冬到来)」

 ハマの名所の一つ、馬車道周辺(横浜市中区)の魅力を表現する写真や絵画のコンクールが開かれ、入賞作品が6日までに決まった。今年で40回目を迎えた「馬車道を描く日曜画家展」には油彩、水彩など126点、38回目の「馬車道写真コンクール」には258点が寄せられた。ともに馬車道商店街協同組合主催。

 モチーフは横浜市中区の吉田橋から万国橋付近まで。絵画の金賞は、季節を上手に切り取った斎藤千世子さん=緑区=の「街路樹発祥の礎(冬到来)」。冬枯れの木立と背後の常緑樹、ビルの色味や質感の違いが、自然に重なり合う点が評価された。写真は、雨降る夕暮れの風景をとらえた松山進さん=磯子区=の「水たまりに映ったガス灯」がグランプリに。水鏡の中にガス灯や県立歴史博物館をローアングルで映し込み、雰囲気のある夕景に仕上げた。


写真のグランプリ作品「水たまりに映ったガス灯」
写真のグランプリ作品「水たまりに映ったガス灯」

 入賞作品は7~13日、馬車道・アートビル内の「横浜馬車道アートギャラリー」で展示される。午前10時半~午後5時半(最終日は午後5時まで)。

 その他の主な入賞は次の通り。(敬称略)

【日曜画家展】
▽銀賞=浜野俊一(戸塚区)
▽銅賞=工藤隆司(中区)、関清司(港南区)、大家務(青葉区)
▽佳作=太田きよ子、石川康子、古川登志子、水沼忠七、岩松泰子、高橋美津子、山越英一、北川文子、山本邦明、石原幹廣

【馬車道写真コンクール】
▽準グランプリ=片山和澄(泉区)、角弘(西区)
▽入選=岩崎泰治、田中和夫、平野昌子、峯岸誠一、乾ゆりゑ


シェアする