1. ホーム
  2. 社会
  3. 東名あおり運転、6日控訴審判決 争点は危険運転罪の成否

東名あおり運転、6日控訴審判決 争点は危険運転罪の成否

社会 神奈川新聞  2019年12月05日 05:00

 大井町の東名高速道路で2017年6月、「あおり運転」を受けて停止させられたワゴン車に後続車が追突し静岡市の男性一家4人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた無職の男(27)の控訴審判決が6日、東京高裁(朝山芳史裁判長)で言い渡される。一審同様に危険運転致死傷罪の成否が最大の争点。弁護側は、同罪の成立を認めて懲役18年とした一審判決を「立法意思に反する」と批判しており、法解釈を巡る高裁の判断が注目される。

 一審判決によると、被告は同年6月5日夜、現場から約1キロ手前の中井パーキングエリアで、車の止め方を注意されて憤慨。一家のワゴン車の進路をふさいで路上に停車させた上、男性=当時(45)=に暴行を加えるなどし、後続の大型トラックが突っ込む事故を引き起こした結果、男性と妻=当時(39)=を死亡させ、娘2人にも軽傷を負わせた。

 同法では危険運転の類型の一つに、「人や車に著しく接近して、重大な交通の危険を生じさせる速度で運転する行為」と規定。条文上では、走行中の運転行為により死傷させた場合での適用を想定している。停車後に起こった、第三者による追突事故が一家の直接の死傷原因となる今回のケースで、同罪が適用可能かどうか意見が対立している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする