1. ホーム
  2. 社会
  3. 湯河原新道・オレンジラインで土砂崩れ 再開時期未定

湯河原新道・オレンジラインで土砂崩れ 再開時期未定

社会 神奈川新聞  2019年12月04日 13:15

土砂崩れで通行止めとなったオレンジライン=湯河原町宮上(湯河原町提供)
土砂崩れで通行止めとなったオレンジライン=湯河原町宮上(湯河原町提供)

 4日午前4時50分ごろ、湯河原町宮上の町道「湯河原新道・オレンジライン」で土砂崩れがあったと小田原署に通報があった。同署はオレンジラインの上下線の一部で通行止め規制を実施している。

 署などによると、現場はオレンジラインと椿ライン(県道75号)の分岐付近。斜面が高さ約30メートル地点から幅約15メートルにわたって崩れ、土砂が片側1車線のオレンジラインの全面を覆った。堆積した土砂は高さ約8メートル、延長約21メートルという。人や建物などが巻き込まれる被害は確認されていない。

 町は崩落の原因を調べるとともに復旧作業を進めているが、再開時期は未定としている。


シェアする