1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. ベイ佐野、キャリアハイで倍増 石田もアップ

ベイ佐野、キャリアハイで倍増 石田もアップ

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年12月03日 22:00

(左)佐野恵太内野手、(右)石田健大投手
(左)佐野恵太内野手、(右)石田健大投手

 ベイスターズの佐野恵太内野手(25)、石田健大投手(26)ら7選手が3日、横浜市中区の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。

佐野、初の主力待遇 ポスト筒香「チャンス」
中継ぎ・先発…フル回転 石田「今後につながる1年」

 今季キャリアハイの89試合に出場し勝負強い打撃を発揮した佐野は、1200万円アップの2400万円でサイン。先発、中継ぎで40試合に登板した石田は1200万円アップの7000万円で合意した。

 そのほかの契約更改は次の通り。

 ▽東克樹投手 4400万円(1150万円減)▽平良拳太郎投手 2100万円(800万円増)▽井納翔一投手 6100万円(1100万円減)▽中井大介内野手 2100万円(900万円増)▽乙坂智外野手 3200万円(800万円増)

(金額は推定)

 (11勝で新人王に輝いた昨季から一転、故障に苦しみ4勝止まり) 成績通りで納得の数字。来年は先発ローテーションを奪う立場になる。脅かす存在になって、もう一度2桁勝ちたい。

 平良(昨季と同じ5勝) 1年間けがが多かった。後半は試合をつくれないことが多くなって、昨年の勝ち星を超えられなかったのは悔しい。来年こそローテーションを守り続けるようにしたい。

 井納(右肘手術明けの今季は4勝) 球数を管理してもらったが、後半は不安なく投げられた。来年は規定投球回を達成したい。30代で唯一の先発投手なので若い子に負けないように頑張る。

 中井(巨人戦力外から入団1年目で79試合に出場) 1年間チームを支えてくれてありがとうと言ってもらえてうれしかった。打点が少なかった。もっと数字を上げてチームに貢献したい。

 乙坂(バックアップ中心の起用。クライマックスシリーズでは代打サヨナラ弾) いろんな場面で起用してもらった。シーズンを通して高いパフォーマンスを発揮するためにオフをしっかり過ごす。


シェアする