1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎、屈辱の大敗 「等々力劇場」ほど遠く

神奈川ダービー
川崎、屈辱の大敗 「等々力劇場」ほど遠く

スポーツ 神奈川新聞  2019年12月01日 05:00

 首位横浜Mが勝ち、2位のFC東京が引き分けたため、優勝争いは12月7日の最終節の直接対決にもつれ込んだ。横浜Mは川崎を4-1で下し、6連勝で勝ち点67。FC東京は浦和と1-1で同64。得失点差で横浜Mが7点上回り、FC東京の逆転優勝には4点差以上の勝利が必要になる。

 松本はG大阪に1-4で敗れて最下位に転落し、1年での降格が決定。磐田は名古屋に2-1で勝ったが、17位で5年ぶりのJ2が決まった。

 神戸に敗れた3位の鹿島は優勝争いから脱落。C大阪は清水、札幌は鳥栖、仙台は大分、湘南は広島にそれぞれ勝った。

横浜M  4-1  川崎
(前 1-0 |後  3-1)

【コーナーキック】ホーム最終戦

 今季何度目のことだろうか。シーズンを通し、相手カウンターをセンターバック2枚で受ける困難を強いられてきた川崎の谷口が、パスの出し際で横浜Mのエリキに背後から奪われた。後半44分。大の字になって倒れた背番号5の向こうでGK鄭成龍がいなされ、無人のゴールに屈辱的な4点目が吸い込まれた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする