1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 横浜M快勝、V王手 FC東京との直接対決へ

神奈川ダービー
横浜M快勝、V王手 FC東京との直接対決へ

スポーツ 神奈川新聞  2019年12月01日 05:00

 首位横浜Mが勝ち、2位のFC東京が引き分けたため、優勝争いは12月7日の最終節の直接対決にもつれ込んだ。横浜Mは川崎を4-1で下し、6連勝で勝ち点67。FC東京は浦和と1-1で同64。得失点差で横浜Mが7点上回り、FC東京の逆転優勝には4点差以上の勝利が必要になる。

 松本はG大阪に1-4で敗れて最下位に転落し、1年での降格が決定。磐田は名古屋に2-1で勝ったが、17位で5年ぶりのJ2が決まった。

 神戸に敗れた3位の鹿島は優勝争いから脱落。C大阪は清水、札幌は鳥栖、仙台は大分、湘南は広島にそれぞれ勝った。

横浜M  4-1  川崎
(前 1-0 |後  3-1)

仲川、スターへの道近づくトップタイ15得点

 両人さし指を静かに天に向けた。俊足を飛ばしたマリノス仲川が前半8分、左サイドを強引に突破したマテウスの折り返しに飛び込んだ。「逆サイドの自分がそこにいるのが決まり事。いることの大切さ、チームとしてやってきたことが報われている」。先制のゴールネットが揺れた。

 同僚のマルコスジュニオールに並ぶリーグトップの今季15得点目は、高校時代まで過ごした古巣相手のために喜びは控えめ。出場5戦連続のゴールにも、さらに攻め続け、FC東京の途中経過もチームとして耳に入れない徹底ぶり。「チームを助けるために何ができるか。前線は得点、アシスト、結果で勝たせることが大事」。ストライカーの矜持だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする