1. ホーム
  2. 社会
  3. 年末年始特別警戒開始へ 特殊詐欺など重点的に対策

年末年始特別警戒開始へ 特殊詐欺など重点的に対策

社会 神奈川新聞  2019年11月30日 11:10

年末年始特別警戒推進本部の設置を前に看板を掲げる県警の担当者=県警本部
年末年始特別警戒推進本部の設置を前に看板を掲げる県警の担当者=県警本部

 県警は12月1日から年末年始特別警戒をスタートする。「年末年始を安全に」をスローガンに来年1月3日まで、深刻な特殊詐欺被害の防止などを重点に警戒を強化する。

 特殊詐欺対策では、特に言葉巧みに高齢者からキャッシュカードをすり替えて盗む手口が横行しており、「検挙活動の強化と合わせ、電話でキャッシュカードの話が出たら特殊詐欺を疑うよう高齢者への周知を徹底する」(田上数仁・犯罪抑止対策室長)としている。

 また、家人が就寝中に住居に侵入して金品を盗む「忍び込み」が急増していることから、侵入盗対策も重点に据えた。このほか、金融機関やコンビニエンスストアなどへの警戒強化や重大な交通、雑踏事故の防止、子どもや女性の安全確保にも万全を期す。

 12月1日に、古谷洋一本部長をトップとする「年末年始特別警戒推進本部」を設置。同20日には、県内一斉特別警戒を実施する。


シェアする