1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 条例成立に向けて(2)「刑事罰が必要」変わらぬ

時代の正体 差別のないまちへ
条例成立に向けて(2)「刑事罰が必要」変わらぬ

時代の正体 神奈川新聞  2019年11月28日 21:55

ヘイトデモの現場には、まかり通る不正義をまぶたに刻む弁護士たちの姿があった。条例制定や刑罰導入の支持を繰り返し表明してきた神奈川県弁護士会。人権擁護委員長の千木良正弁護士は慎重論の存在を踏まえた上で「刑事罰が必要との立場に変わりはない」と言い切った。 基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とする...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする