1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 小泉進次郎さん、ベイに熱視線 「逆転Vへホーム1勝が鍵」

小泉進次郎さん、ベイに熱視線 「逆転Vへホーム1勝が鍵」

ベイスターズ 神奈川新聞  2017年10月31日 02:00

逆転日本一へ「チャンスがある」と語る小泉さん
逆転日本一へ「チャンスがある」と語る小泉さん

 選挙という戦いで無類の強さを誇る自民党衆院議員の小泉進次郎さん(36)は横須賀市出身で自他共に認める野球好き。「ホームで1勝したらガラッと雰囲気が変わる。ベイは日本一になれる」と太鼓判を押す。

 「筒香はすごいね」。29日夜の第2戦。小泉さんは元首相の父・純一郎さんとテレビで観戦し、そろって主砲の醸す雰囲気に感じ入ったという。

 ただし、肝心の試合は逆転負け。小泉さんは「1-10で負けた初戦より(選手の)精神的なダメージが大きいはず。だからこそ、ホーム初戦ではね返すことがものすごく重要」と語る。

 小2の時、兄で俳優の孝太郎さんの後を追ってソフトボールを始めた。関東六浦高時代は硬式野球部で、二塁手として春の県大会8強入りを果たした。そんな自身の経験も踏まえ、小泉さんは「野球は球場を支配する空気が大切」と強調する。ホームスタジアムの圧倒的な後押しが、逆転日本一に欠かせないと考えている。

 先の衆院選で、個人として全国2位の15万4761票を獲得。敵将を「選挙に出て」と挑発して機先を制し、自軍の大勝を呼び込んだ。小泉さんはその勝負勘をフルに働かせ、「2勝して余裕があるのはソフトバンク。でも逆に、そこにチャンスがある」と分析、先をこう見通した。

 「チームの総合力と完成度は負けるかもしれないが理屈じゃない。ベイは勢いに乗ったら止まらない」


シェアする