1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 江田氏「決断が遅い」 民進・前原代表辞任

江田氏「決断が遅い」 民進・前原代表辞任

政治行政 神奈川新聞  2017年10月31日 02:00

 民進党の前原誠司代表の辞任を受け、前代表代行の江田憲司氏(衆院8区)は「辞任は当然。衆院選の投開票翌日に辞めるべきだった」と批判した。

 31日に新代表を選出するが、立候補者の顔触れは「分からない」、自身の対応も「決めていない」とぶぜん。「決断が遅く、首相指名候補も(直前まで)決められない。公党としての責任を果たせない」と怒りが収まらない様子だった。

 一方、真山勇一氏(参院神奈川選挙区)は「決断はベストではないがベター。居座ったら最悪だった」とコメント。次期代表に取り沙汰されている数人の名前を挙げた上で「リーダーシップを取れる人に任せたいが、具体的に誰かというと難しい」と思案顔だった。


シェアする