1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「この瞬間信じてやってきた」 52歳カズ、現役続行宣言

横浜FC J1復帰
「この瞬間信じてやってきた」 52歳カズ、現役続行宣言

スポーツ 神奈川新聞  2019年11月25日 05:00

 サッカー界のレジェンド「カズ」が、J1の舞台に帰ってくる。24日にニッパツ三ツ沢球技場(横浜市神奈川区)で行われたJ2横浜FCの今季最終戦。白星を飾ったチームは2位となり、13季ぶりの昇格を決めた。途中出場した現役最年長52歳のFW三浦知良は「この瞬間を信じてずっとやってきた。2年連続でゴールを決められなかったから、そこ(J1)で目標にしたい」と来季の現役続行も宣言した。

 「これだけ経験を積んできたのに、試合前に緊張した」。2点をリードした後半42分。ビブスを脱いだ三浦がベンチ前に現れると、観客は一斉に立ち上がり、どっと沸いた。プレー時間は短かったが攻撃的なポジションで何度かパスをつなぎ、ピッチの上で歓喜の瞬間を迎えた。

 勝てば文句なしで、引き分け以下でも昇格が決まる可能性があったこの試合。1週間前のクラブハウスで、普段は柔和な大ベテランがまなざし鋭く、個々の選手に伝え回った。

 「みんな浮ついている。全てが終わるまで昇格の話はするな」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする