1. ホーム
  2. 社会
  3. 議会論戦 にじむ差別 パートナーシップ制度で横浜市

議会論戦 にじむ差別 パートナーシップ制度で横浜市

社会 神奈川新聞  2019年11月24日 11:00

性的少数者(LGBTなど)のカップルを公的なパートナーとして認める「パートナーシップ制度」。当事者にとって、「愛する人と結婚したい」との願いに近づくだけでなく、個人としての存在がようやく認められたとの肯定感につながる意義をも持つ。だが12月から制度を導入する横浜市の議会論戦からは、誰にも与えられ...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする