1. ホーム
  2. 経済
  3. 大賞にコアレスモータ、堀硝子

神奈川工業技術開発大賞
大賞にコアレスモータ、堀硝子

経済 神奈川新聞  2019年11月22日 05:00

 神奈川県は21日、県内の中小・中堅企業が開発した優れた工業技術・製品を表彰する「第36回神奈川工業技術開発大賞」(県、神奈川新聞社共催)を発表した。応募のあった22件の中から大賞2件、ビジネス賞2件、奨励賞3件を選出した。表彰式は27日に県庁本庁舎4階で行われる。

 大賞には、「ギヤ内蔵モータ」(コアレスモータ=大和市、白木学社長)と、「過熱水蒸気を用いた接着剤速硬化システム」(堀硝子=厚木市、高本勝己社長)が選ばれた。

 同大賞は、技術開発の奨励・向上を目的に1984年に創設された。対象は県内に事業所がある中堅・中小企業やこれらの企業で構成するグループによる技術や製品。おおむね3年以内に開発されたものであることや、実際に商品化されたり、効果が実証されたりしたことなどが条件となっている。

 学識経験者や各技術分野の専門家で構成する選考会によって選ばれた。受賞企業には表彰状と副賞が贈られるほか、大賞のシンボルマークの使用が認められる。

小型、軽量化に貢献

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする