1. ホーム
  2. 話題
  3. 「いせはらポリス」デビュー 警察官手作りヒーローが防犯訴え

「いせはらポリス」デビュー 警察官手作りヒーローが防犯訴え

話題 神奈川新聞  2017年10月28日 13:49

「いせはらポリス」と丸川生安課長=伊勢原署
「いせはらポリス」と丸川生安課長=伊勢原署

 伊勢原署の防犯ヒーロー「いせはらポリス」がデビューした。プラモデル制作歴40年の男性署員が100円ショップで材料を購入して制作した。手作りの味わいと親しみやすさを武器に、子どもやお年寄りに防犯や事故防止を訴えていく。
 
 制作は防犯担当の丸川智生活安全課長(52)。前任署に勤務していた1年ほど前、県警本部の振り込め詐欺撲滅ヒーロー「振り込まセンジャー」に影響を受け、思い立った。

 オートバイのプラモデル作りで培った腕を生かし、フェルトやボール紙などをはさみで切ったり、接着剤で貼ったりして作っていった。ところが、力作だった初代は「顎のラインがきれいに出なかった。同僚の評判もいまいちだった」(丸川課長)とお蔵入りに。

 今年春、伊勢原署に異動し、満を持して再挑戦。同僚のアドバイスを受けながら8月からマスクと肩パッド、変身ベルトなどに取りかかり、9月に完成させた。「中の人」は部下が務め、通常の警察官の制服の上から身に着ける。額の「POLICE」マークは、交通事故防止キャンペーンでは信号機になるなど、イベントの趣旨に合わせて変えていく。9月10日に市のイベントでお披露目した。

 丸川課長は「必殺技などの設定作りはこれから。住民に愛されるヒーローになってほしい」と話している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会