1. ホーム
  2. 社説
  3. 芦ノ湖の水害対策 安全優先で運用改善を

社説
芦ノ湖の水害対策 安全優先で運用改善を

社説 神奈川新聞  2019年11月18日 11:34

台風19号で全国の観測史上最高となる降雨量を記録した箱根町では、芦ノ湖が氾濫する被害があった。下流に湖水を流す水門の開閉が適切だったのかどうか。県は原因や水害対策について検証を始める。 芦ノ湖は県が河川管理者である一方、水利権は主に静岡県側にあるため、水門の開閉には制約がある。降雨量はこれまでの...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする