1. ホーム
  2. 話題
  3. オーブン、フライパン…おウチで焼きいも再現するには

女性自身
オーブン、フライパン…おウチで焼きいも再現するには

話題 神奈川新聞  2017年10月27日 10:31

オーブン、フライパン…おウチで焼きいも再現するには(写真:女性自身)
オーブン、フライパン…おウチで焼きいも再現するには(写真:女性自身)

 冬の風が吹き始めたら甘くて香ばしいさつまいもが恋しい季節! おウチで簡単に焼きいもが作れたら……。そう思った人も少なくないのでは? じつは、おウチでも簡単に“焼きいも”が再現できるんです!

 「気分満点の“焼きいもらしい仕上がり”を目指すなら、『オーブントースター』『オーブン』『深めのフライパン』を使った3つの方法がおすすめです」

 こう語るのは、フードプランナーで管理栄養士の岸村康代さん。そこで岸村さんに、おウチで“本格焼きいも”を再現する3つの作り方を教わった。今回の3つの方法は、下処理やできあがりのチェックの仕方はどれも共通。適度に水分を与えて、じっくり加熱するのが“焼きいも感”の秘訣だ。まずは、ここさえ押さえておけばバッチリの3つに共通するポイントを紹介。

【ポイント1】水で洗って汚れを落としておく
 さつまいもは表面を水でよく洗い、土汚れを落とし、長いヒゲがあれば取り除いておく。

【ポイント2】そのまま水分をふかずに各調理器具へ
 洗ったら、水分をふかずにそのままフライパンやオーブン、オーブントースターに入れて加熱する。

【ポイント3】竹串などを刺して火の通りを確認
 いもに竹串などを刺してみて、中まですっと通ればOK。火の通りが足りない場合はさらに5分程度加熱を。

続いて、各調理器具での作り方を紹介。

【オーブントースター】
 表面がぬれたままのさつまいも(1本150~200g)2本をオーブントースター(1000W)に入れ、片面15分ずつ計30分焼く。余熱で10分くらい蒸してから取り出すとより甘さが引き立つ。

 表面に少し焦げ目がついて、焼きいも感なかなか。皮離れもよく、安納芋はもちろんねっとり、ベニアズマはほくほくの仕上がり。トースト感覚で手軽に焼けて、失敗も少ないのがうれしい。

【オーブン】
 表面がぬれたままのさつまいも(1本150~200g)2本を予熱なしで250度のオーブンに入れ、約30分加熱する。余熱で10分くらい蒸してから取り出すとより甘さが引き立つ。

 皮にうっすら焦げ目がついて、焼きいもらしさ十分。オーブンの安定した温度でじっくり焼かれたことで、いもの甘さが引き出された印象。安納芋は期待どおり、ベニアズマなら香ばしさも引き出され、これがイチオシ。

【深めのフライパンや中華鍋】
 表面がぬれたままのさつまいも(1本150~200g)2本をフライパンに入れ、弱火~中弱火にしてふたをし、片面15~20分ずつ計30~40分焼く。余熱で10分くらい蒸らしてから取り出すとより甘さが引き立つ。フライパンはテフロン加工でもOK!

 焼き上がりは皮にしっかり焦げ目がついて、まるでお店で買ったみたい! 特に安納芋はねっとりクリーミーな食感最強、スイートでおすすめ。焼いている間も焦げた皮の香りがキッチンに広がって、たまらなく食欲をそそります。

 「それぞれ仕上がりは少し異なるので、お好みを見つけて。基本、どの品種でも焼き方は同じです。加熱時間は150~200gのいも2本を同時に焼く場合の目安です」(岸村さん)【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
疲労回復、がん予防…ぶどうのスゴイ健康効果
選び方から保存法まで…メロンを最高に美味しく食べるワザ6
ポイントは形、果皮の張り、重み…「おいしい梨の見分け方」
老化も風邪も撃退! 見た目によらない“いちごのスゴイ健康効果”
ジューシーさケタ違い…最高級ブランド桃は5キロで○万円!
 


シェアする