1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 高校生に給付型奨学金 相模原市、1学年300人

高校生に給付型奨学金 相模原市、1学年300人

政治行政 神奈川新聞  2017年10月27日 02:00

 子ども貧困対策の一環として相模原市は新年度からのスタートを目指し、市内在住で来年4月の高校進学者からを対象にした給付型奨学金を創設する。貧困が世代を超えて連鎖することがないよう成績要件は設けないのが特徴で、1学年300人程度を想定。加山俊夫市長は26日の会見で規模や月平均額について「県内最大級の手厚い支援になる」と述べた。関係する条例議案を12月定例会に提出する。

 創設する給付型奨学金は、修学資金として年額10万円、入学時の準備を支援する入学支度金2万円の2種類。合計すると年間12万円となり、月額平均1万円の給付額は全国の政令市でトップクラス。また、募集予定は1学年300人程度と想定し、生徒数千人当たりの募集は50・6人で政令市トップの名古屋市(50・9人、1学年千人)に次ぐ規模。県内近隣市では綾瀬市(56・7人、3学年143人)が多い。

 相模原市教育環境部によると、現在、同市内の中学3年生は5930人。所得要件では市民税所得割額非課税世帯(非課税世帯)が対象で、モデルケースでは夫婦と子ども2人の4人家族で年収271万6千円未満が目安となりそうだ。

 今後制度がスタートした場合、3学年で千人程度を想定し、2020年度以降の事業費は総額約1億円となる。財源は一般財源を主として新年度に予算編成を組むとともに、長期的に進めていくため、「市子ども・若者未来基金」の設置を検討。市へ遺贈された寄付金1億9400万円と、現在の市奨学基金残高約3400万円などを財源とし、その一部を新たな給付に充てる予定。基金の設置に伴う議案は12月定例会議に提出する。

 議会の承認を得て来年1月に周知・募集を開始し、4月に奨学生を決定。5月に入学支度金を給付、8月に修学資金の1回目を給付(年間3回)するスケジュールとしている。

 市こども・若者政策課は「すべての子どもが平等に社会に飛び立てるようにという市長の願いが込められている」と話している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会