1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. ベイ1位は東克樹投手(立命館大) プロ野球ドラフト

ベイ1位は東克樹投手(立命館大) プロ野球ドラフト

ベイスターズ 神奈川新聞  2017年10月27日 02:00


DeNAから1位指名を受け、ポーズをとる立命大の東克樹投手=26日午後、京都市
DeNAから1位指名を受け、ポーズをとる立命大の東克樹投手=26日午後、京都市

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、東京・早実高の注目の強打者、清宮幸太郎内野手はロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団が1位指名し、抽選の末に日本ハムが交渉権を獲得した。

 横浜DeNAは大学ナンバーワン左腕と目される立命大の東克樹投手を単独で1位指名。2位に走攻守三拍子そろった日本生命の神里和毅外野手、3位に将来性あふれる本格派右腕の阪口皓亮投手(北海道・北海高)、4位にJX-ENEOSの斎藤俊介投手をそれぞれ指名した。

 県勢では、桐蔭学園高出身で明大の斉藤大将投手は西武が1位、横浜高の増田珠外野手はソフトバンクが3位、星槎国際高湘南の本田仁海投手はオリックス、横浜商大の渡辺佑樹投手は楽天が、それぞれ4位で指名。湘南高出身で東大から6人目のプロ入りを目指す宮台康平投手は日本ハムが7位指名した。

 清宮内野手の7球団競合は高校生としては1995年の福留孝介内野手(大阪・PL学園高)と並ぶ最多。史上最多は89年の野茂英雄投手(新日鉄堺)、90年の小池秀郎投手(亜大)の8球団。

 今夏の甲子園で6本塁打の1大会個人最多記録を樹立した広島・広陵高の中村奨成捕手は、地元球団の広島が中日との競合を制した。JR東日本の本格派左腕、田嶋大樹投手はオリックスと西武が1位指名し、オリックスが交渉権を獲得。東京六大学リーグで通算21本塁打を放ち、最多記録にあと2本と迫る慶大の岩見雅紀外野手は楽天が2位指名した。

1年目から結果残す


 球界屈指の若きサウスポー軍団に加われる喜びにあふれた。

 横浜DeNAから単独で1位指名を受けた左腕東克樹は、担当スカウトから電話で連絡を受けた。「プロでやっていこうという実感が湧いてきた。今永さんをはじめ左投手が多い印象がある。先輩からも学んで、1年目から結果を残したい」と表情を崩した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする