1. ホーム
  2. 社会
  3. 「大涌谷」が半年ぶりに再開 観光客、噴煙地の景観楽しむ

動画
「大涌谷」が半年ぶりに再開 観光客、噴煙地の景観楽しむ

社会 神奈川新聞  2019年11月15日 14:16

 箱根山(箱根町)の噴火警戒レベル引き上げに伴い立ち入りが規制されていた大涌谷園地が15日、再開された。箱根ロープウェイ大涌谷駅で下車できるようになり、名物「黒たまご」の販売や箱根ジオミュージアムなどの営業が再開。半年ぶりに開放された人気スポットに多くの観光客が訪れ、噴煙地のダイナミックな景観を楽しんだ。

 園地の開放は午前9時から午後5時まで。ただ、自然研究路は歩道の再整備が未完了などの理由で、引き続き立ち入りが禁じられている。箱根ロープウェイは10月下旬に全線で運行を再開していたが、大涌谷駅は乗り換えのみで、駅舎の外に出られなかった。

 2015年の火山活動で小噴火が起き、現在も噴気活動が活発な大涌谷は、火山性地震の急増などを受けて噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた5月19日以降、全面的に立ち入りが規制された。地震の減少などを受けて10月7日に警戒レベルは1(活火山であることに留意)に下がったが、12日に上陸した台風19号で箱根町内に大きな被害が出たことを受け、再開に向けた準備や検討がずれ込んでいた。


観光客でにぎわう大涌谷園地=15日午後0時35分ごろ、箱根町
観光客でにぎわう大涌谷園地=15日午後0時35分ごろ、箱根町

観光客に名物「黒たまご」を配布する山口昇士町長=15日午後0時5分ごろ、箱根町
観光客に名物「黒たまご」を配布する山口昇士町長=15日午後0時5分ごろ、箱根町

間近で噴煙を眺める観光客=15日午前11時15分ごろ、箱根町
間近で噴煙を眺める観光客=15日午前11時15分ごろ、箱根町

大涌谷園地内からは富士山と箱根ロープウェイが競演する様子も見られた=15日午前11時半ごろ、箱根町
大涌谷園地内からは富士山と箱根ロープウェイが競演する様子も見られた=15日午前11時半ごろ、箱根町

大涌谷駅前では芸者のバンドによるライブも行われた=15日午前11時55分ごろ、箱根町
大涌谷駅前では芸者のバンドによるライブも行われた=15日午前11時55分ごろ、箱根町

噴煙地の前で黒たまごを頬張る観光客=15日午後0時15分ごろ、箱根町
噴煙地の前で黒たまごを頬張る観光客=15日午後0時15分ごろ、箱根町

噴煙地の前で記念撮影などを楽しむ観光客=15日午後0時半ごろ、箱根町
噴煙地の前で記念撮影などを楽しむ観光客=15日午後0時半ごろ、箱根町

噴煙が上がる様子を眺める観光客=15日午後1時5分ごろ、箱根町
噴煙が上がる様子を眺める観光客=15日午後1時5分ごろ、箱根町

多くの観光客らでにぎわう大涌谷園地=15日午後2時25分ごろ、箱根町
多くの観光客らでにぎわう大涌谷園地=15日午後2時25分ごろ、箱根町

噴煙の前で写真撮影を楽しむ観光客=15日午後2時35分ごろ、箱根町
噴煙の前で写真撮影を楽しむ観光客=15日午後2時35分ごろ、箱根町

噴煙の前で写真撮影を楽しむ観光客=15日午後2時50分ごろ、箱根町
噴煙の前で写真撮影を楽しむ観光客=15日午後2時50分ごろ、箱根町

シェアする