1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 原点を見詰めて(4) 覚悟に応える審議を

時代の正体 ヘイトスピーチ考
原点を見詰めて(4) 覚悟に応える審議を

時代の正体 神奈川新聞  2019年11月15日 05:00

身を切るようにしてヘイトスピーチの被害を訴えてきた在日コリアン3世、崔江以子(チェ・カンイヂャ)さん(46)が、その日を忘れているわけがなかった。 「胸が詰まる。あのひどい光景は4年たっても忘れることができない」 1世のハルモニ(おばあさん)たちと記者会見に臨んだ今月8日は、朝鮮人を駆除すると叫ぶ...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする