1. ホーム
  2. 話題
  3. 漁師や冒険家らに学ぶ 逗子で海への思いを講演

漁師や冒険家らに学ぶ 逗子で海への思いを講演

話題 神奈川新聞  2019年11月14日 10:40

 地元の海への理解を深める講演会「海で働く人々」が16日、逗子市役所5階会議室で開かれる。市観光協会などによる初めての企画で、講師には地元漁師や海洋冒険家ら逗子にゆかりがあり、海に関わって生きる人を招く。参加無料。

 講師は、▽小坪漁業協同組合代表理事の大竹清司さん▽海洋冒険家で一般社団法人「そっか」共同代表の八幡暁さん▽市内在住で海洋社会学者の杉本あおいさん▽高知県の水族館「足摺海洋館」勤務の茂木みかほさん-の4人。

 当日は、講師がそれぞれの活動内容や海への思いを語るほか、参加者はグループに分かれて講師に質問したり意見交換したりする。

 午後2~4時。定員60人で、小学校高学年以上が対象。申し込み・問い合わせは同協会電話046(873)1111。


シェアする